現場スタッフ

ハクビシンが住宅に侵入しないよう対策をしてくれる業者に相談を

動物を追い払う理由とは

2人の作業員

ハクビシンやアライグマ、イタチの駆除対策を行なう必要として、屋根裏や床下に住みついて繁殖をしないようにする目的があります。ハクビシンやアライグマ、イタチといった動物は、すぐに繁殖をしてしまいますので、数が増えれば増える程、駆除対策がおいつかなくなってしまうのです。また、ハクビシンやアライグマ、イタチは、住宅の中に侵入してきますので、住宅の中にある食べ物や金魚や亀といった小さなペットを食べてしまいます。そういった被害を防ぐためにも、駆除対策を行わなければなりません。駆除対策をおこなっていなかった事で、大切なものを失ってしまうのはとても辛いです。そういった事にならないようにするためにも、きちんとハクビシンやアライグマ、イタチの駆除対策を行なうようにしましょう。
ほとんどの人が、ハクビシンやアライグマ、イタチの駆除対策を自分で行おうとします。ハクビシンやアライグマ、イタチの駆除をするにあたって鳥獣保護法という法律が関わってくるのです。ハクビシンやアライグマ、イタチのような鳥獣類の駆除を行なうには、特別な許可をもらわなければなりません。よって、一般の人が駆除対策を行ってしまうと法律に触れてしまう可能性があるのです。そういった事にならないようにするためにも、きちんと専門の業者に依頼をして駆除対策を行ってもらうようにしましょう。
ハクビシンやアライグマ、イタチの駆除対策は、専門の方法を使用して行われます。そのため、ハクビシンやアライグマ、イタチを傷つけて保護をするような事は専門の業者では行われません。