メンズ

ハクビシンが住宅に侵入しないよう対策をしてくれる業者に相談を

農家の被害が最も多い

一軒家

ハクビシンの被害に合わないようにするために、専用の駆除対策を行って被害に合わないようにしている農家は少なくありません。農家は、作物が豊富にありますので、一番被害に合いやすいとされています。

詳しくはこちら

動物による住宅の被害

家

ハクビシンの駆除対策は、都心でも行われています。深夜に発生する擦音の被害や、大切なペットが食べられてしまうという被害までたくさんあるのです。こういった被害を防ぐためにも、きちんと駆除をしなければなりません。

詳しくはこちら

動物を追い払う理由とは

2人の作業員

ハクビシンやアライグマ、イタチといった動物の駆除対策を行なうには、特殊な許可をもらわなければなりません。そのため、駆除対策を行なう際は必ず業者に依頼するようにしましょう。

詳しくはこちら

ハクビシンはどんな動物か

ハクビシン

ハクビシンとは、東南アジアに生息している動物なのですが、もともと日本には生息していなかった動物なので外来種として扱われています。江戸時代に日本にやってきた動物で、もともとは毛皮用として飼育されていました。しかし、ハクビシンの毛皮はあまり良くないという事がきっかけで放逐されてしまったのです。それがきっかけとなり、ハクビシンが増殖をしていったといわれています。今では、住宅の屋根裏に入り込んで生活をしてしまっているため、ハクビシンによる被害を受けている住宅は少なくありません。ハクビシンの対策としていろいろな方法が紹介されているのですが、自分自身で行なうのはとても危険になりますので、専門の業者に依頼をして駆除対策をおこなってもらうようにしましょう。専門業者であれば効果のある対策方法を知っていますので、駆除を任せても大丈夫です。ハクビシンは、夜行性のため活動を起こしやすい夜に駆除対策を行なう必要があります。現在では、ハクビシンによる被害を受けている地域は北海道から九州までといった幅広い地域まであるといわれているのです。それ程、ハクビシンによる被害を受けて困っている人はたくさんいる事がわかります。駆除対策を行ないたいと考えている人は、インターネットを使って専門の業者を検索すると良いでしょう。そうすれば、住宅の近くにある業者を見つけられますので、直ぐに駆除対策を行なってもらえます。最近では、都会にある住宅でも被害を受けているようです。